美味さの追求 NO・2

銀の舞

011-788-4847

〒001-0907 北海道札幌市北区新琴似七条14-6-24 清水目ビル

営業時間:[火~日]11:30~15:00 17:00~20:00 [定休日] 月曜日・第2火曜日

銀の舞のブログ

美味さの追求 NO・2

銀の舞ブログ

2018/09/16 美味さの追求 NO・2

こんばんは。 銀の舞です。

 

 

昨日の続きです。

 

 

昨日のブログはこちら

 

美味さの追求

 

お時間のある方お付き合いください。

 

 

銀の舞の豚肉はこちらの樽前湧水豚を使用しております。

 

 

これも前々のブログに書きましたが

 

 

この豚肉を使い初めて約10年経ちます。

 

 

故にあらゆる情報が蓄積されて来ました。

 

 

これから話す銀の舞の美味さの追求はあくまでもこの樽前湧水豚でしかできなき事ですので

 

 

小売店などで販売されている豚肉では

 

 

できないので、あくまでも銀の舞スペシャルとしてご理解ください。笑

 

 

では、

 

 

昨日のブログで書きました施設や飼育過程とは何ぞや??というお話

 

 

凄く簡単に言えば無菌室で人が食べても安全な餌を使用しているということ

 

 

ただ豚自体も生き物ですので、完全無菌では生きていられません

 

 

ですので五大慢性菌は取得しております。

 

 

簡単に言えば牛と同じ位の菌ということです。

 

 

紐解きます。

 

 

牛と同じ肉質ということは・・・・・レアでも食せるということです。

 

 

本来豚肉は無菌豚という概念はないのですが

 

 

一番伝わり易い言い方です。(*´∀`*)

 

 

日本の保健所では豚肉のレアやミディアムレアは禁止となっております。

 

 

当たり前ですね。

 

 

豚肉の栄養素は凄いのですが、飼育環境や餌の配合というでどうしても食中毒菌に汚染されてしまいます。

 

 

ただ湧水豚は違います。

 

 

だからと言って銀の舞ではレアやミディアムレアの豚肉を提供はしておりません。

 

 

じゃ何??という話なのですが

 

 

必要以上に火を入れすぎないということ!!

 

 

必要以上に火を入れないで極柔の食感を出すには4mmが最適とうこと!!

 

 

この2つです。

 

 

知るという事で色々なファクターができる

 

 

紐解いて紐解いて何故こうなるのかを知らないと芽をつぶしかねない。

 

 

お客様からお代を頂戴している以上

 

 

その料理には責任を持ち、上記の事柄も押しつけになってはいけないと思います。

 

 

正直言えば単に美味い!!だけで十分だと思います。

 

 

押し付けではなく銀の舞でお食事された方・これからお食事を考えている方

 

 

大丈夫です!!本気で美味い!安全な豚丼をお出ししますので安心してください。

 

 

長くなりましたが少しでも銀の舞の事をして頂ければと思います。

 

 

明日9月17日(月)は敬老の日です。

 

 

銀の舞は祝日ですので営業しております。

 

 

お時間のある方が是非お越しください。

 

 

 

TOP